野良猫の苦情クレームはどこに?電話番号や問い合わせメールを調査!

ここのところ、野良猫(飼い主のいない猫)に絡むトラブルが発生していると少なからず耳にしますが、実際に苦情・クレームを抱えている場合、どこへ相談の連絡を入れると良いのでしょうか?

野良猫に関する相談は「動物愛護センター」等へ!

さて結論から申し上げますと、多くの自治体は野良猫に関する問い合わせ先として、「動物愛護センター」を案内しています。

加えて最寄りの警察署や、保健所が指定されているケースも見受けられますね。

どこへ連絡を入れると良いかはお住まいの地域によって違うわけですが、例えば東京都保健福祉局は、「飼い主のいない猫対策」に関する問い合わせを以下のように定めています。

〇「飼い主のいない猫対策」に関する問合せ先 ※一例:東京都の場合
<23区にお住まいの方>
・最寄りの保健所
・東京都動物愛護相談センター Tel 03-3302-3507
<多摩地域(八王子市、町田市以外)にお住まいの方>
・東京都動物愛護相談センター多摩支所 Tel 042-581-7435
<八王子市にお住まいの方>
・八王子市保健所 Tel 042-645-5113
<町田市にお住まいの方>
・町田市保健所 Tel 042-722-6727
<島しょ地域にお住まいの方>
・最寄りの島しょ保健所各出張(支)所

ご覧のとおり、同じ東京都内でもエリアによって問い合わせ先が異なるような状況ですから、ご自身が住む地域の窓口はどこになるのか、確認してみてください。

なお東京都保健福祉局の案内を見ても、電話窓口の情報しか得ることができなかったので、メールでの相談はできないのかと、別途「東京都動物愛護相談センター」のホームページをチェックしたところ…。

〇東京都保健福祉局 東京都動物愛護相談センター お問い合わせ
<23区内に関するお問い合わせは本所>
〒156-0056 世田谷区八幡山二丁目9番11号
電話番号 03-3302-3507
FAX番号 03-3329-2647
<多摩地域に関するお問い合わせは多摩支所>
〒191-0021 日野市石田一丁目192番地の33
電話番号 042-581-7435
FAX番号 042-584-8012
<メールでのお問い合わせ>
(本所)S0000295#section.metro.tokyo.jp
(多摩支所)S0200138#section.metro.tokyo.jp
※#を@に書きかえてください。
※メールでの御相談・御要望は個別にお答えしかねる場合もありますので、御了承ください。
※件名が明記されていないメールは、セキュリティ上の問題で開封できない場合があります。

東京都動物愛護相談センターに関しては、FAXやメールを通じても連絡ができると判明しました。

ただし、この辺りの事情も自治体によって異なりますから、お住まいのエリアの情報をチェックしてみてください。

野良猫に関する困りごとがある際に、注意したいことは?

なお野良猫対策としては“飼い主のいない猫をできる限り減らしていくこと”が、“動物の愛護(動物の健康や安全の保持等)”と“動物の管理(人への迷惑防止等)”の考えにかなっているとされています。

相手が飼い主のいない猫では不満の持って行き場がなく、その結果として餌を与えている人との感情的な問題や、猫を傷つける事件などが起きることにもつながるのですが、まずは地域にて“飼い主を探し屋内での飼養を目指す”“猫を増やさないよう不妊手術をし、元いた場所に戻す(TNR活動)”“地域で管理する猫を決め最後まで世話をする(地域猫活動)”といった対策を講じることが、肝要と言えるでしょう。

それでも周辺の生活環境が損なわれる事態が継続している場合は、市などが動物愛護管理法に基づき、その原因となる猫の引取りを行わなければなりません(動物の愛護及び管理に関する法律第35条第3項)。

ただし、その猫が飼い猫であるケースもあり、十分な確認を行わずに保護すると、財産権の侵害となってしまう恐れもあるのです。

そういったわけで野良猫に関する困りごとを抱えている場合には、感情に任せて極端な行動をとることのないよう注意しつつ、然るべき窓口にサポートを仰ぐことが、重要と言えそうです。