シマノの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

今回はアウトドア・スポーツを代表するサイクリングと釣りの2つの分野を中心に、様々な製品を届ける「シマノ」に焦点を当て、苦情・クレームがある場合はどこへ連絡を入れると良いのか、具体的な情報をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク?

各種電話番号をまとめてチェック!

(画像引用:https://www.naturum.co.jp/search/)

さてシマノ公式サイトの「お問い合わせ」ページをチェックしてみると、“お問い合わせいただく前に、よくあるご質問欄もお役立てください”とのアナウンスと共に、「釣具に関するお問い合わせ」先として、下記のフリーダイヤルが案内されていました。

釣具に関するお問い合わせ

<釣具お客様相談窓口(フリーダイヤル)>
0120-861130
受付時間 9:00~12:00/13:00~17:00 (土、日、祝日、弊社休業日を除く)
※9月24日(金)は弊社休業日となっております。ご不便おかけいたしますが、ご了承のほどお願いいたします。
※休日明けは電話が大変混み合います。繋がりにくい場合はしばらく時間を空けてからおかけ直し下さい。

「釣具お客様相談窓口」が苦情・クレームに対応していると明記されているわけではないのですが、とりあえず、こちらのフリーダイヤルが総合的な電話の相談窓口に当たるようです。

一方で会社概要に目を移すと、一般の問い合わせ窓口として機能しているのか否かは定かではないものの、下記のとおり、本社の連絡先も共有されていました。

〇会社概要
社名 株式会社シマノ
(英文社名:SHIMANO INC.)
本社住所 〒590-8577 堺市堺区老松町3丁77番地
連絡先 総務部TEL:072-223-3210 / FAX:072-223-3258
広報課TEL:072-223-3957 / FAX:072-223-6045
企業ホームページ www.shimano.com
創業 1921年2月(大正10年)
設立 1940年1月(昭和15年)
資本金 356億円
上場取引所 東証一部
従業員数 シマノ本社:1,442人 連結:12,244人 (2020年12月31日現在)
主な事業 自転車部品、釣具、ロウイング関連用品等の開発・製造・販売
連結子会社 51社 (2020年12月31日現在)

なおシマノの「取り扱い店舗情報」は、直通の電話番号も含め、こちらから確認することが可能です。

スポンサーリンク

メールでのお問い合わせ方法も押さえよう!

シマノに対しては、メールでも問い合わせの連絡を入れることができます。

釣具お客様相談窓口(メールでのお問い合わせ)

下記内容に関して、入力フォームよりお問い合わせいただけます。
・商品の性能・スペックに関するお問い合わせ
・パーツに関するお問い合わせ
・アフターサービスに関するお問い合わせ
・イベント・その他に関するお問い合わせ
こちらから、「製品に関して」「パーツに関して」「アフターサービスに関して」「イベント・その他に関して」のいずれかのボタンをクリックし、必要事項をご入力のうえ、送信してください。
※土曜日、日曜日・祝日など弊社休業日にいただいたお問い合わせにつきましては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。

相談窓口が電話・メールの双方に対応しているというのは、利用者目線で大変ありがたいですね^^

ただし、お問い合わせの内容によっては、お答えできない場合や、メール以外の電話等でお返答させていただく場合もあるとのこと。

ご期待に添う回答ができない内容の一例

・釣具に関連しない内容についてのご質問やご相談
・ご指摘症状の発生原因
・弊社から直接、お客様ご指定の宛先へのパーツ発送のご要望
・ご不明点やご指摘につきまして弊社から電話での回答のご要望
・不具合品に関する返金などの補償や代品ご提供のご要望
・カタログやWeb上に公開されていない製品の寸法や電子機器に関する数値データ開示のご要望
・改造や仕様違いアイテム同士の互換性の情報
・商品のアイデアに関する回答
・ソーシャルメディアなどで公開されている個人的なご意見や主張に関する回答
・誹謗中傷等、明らかな粗暴な表現が含まれる内容への回答

また、お問い合わせフォームに関しては「回答連絡までお時間をいただく場合」があるらしく、急ぎの場合はフリーダイヤルを利用するよう案内されていますから、状況や好みに応じて、それぞれの連絡手段を使い分けてください^^

スポンサーリンク