Pinterestの苦情クレーム電話番号を調査!問い合わせメールも可?

おしゃれなインテリアや毎日のコーデなど、暮らしのヒントがさくさく見つかる画像検索ツール「Pinterest」

“ピンとくるアイデアと出会うなら Pinterest”というキャッチコピーのとおり、使えば使うほど自分にぴったりなアイデアがオススメされるようになる点も魅力です。

現在、世界の月間ユーザー数は4.5億人を超えているとも言いますが、Pinterestに対して苦情・クレームがある場合、どのように連絡を入れると良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

「ヘルプセンター」の概要をチェック!

(画像引用:https://syrus.jp/pinterest)

さてPinterestのヘルプセンターにアクセスしてみると、「Pinterest Business を始める」「アカウントや設定を管理する」「検索と保存」「作成と編集」「つながって、参加して、シェアする」「プライバシー、安全性、法律」という6つの項目に分けたうえで、関連の情報が幾つも提示されていました。

まずはそちらの内容を確認してほしいということでしょうが、それでも解決しなかった場合には、ページ下部の「ヘルプが必要ですか?お問い合わせはこちら」との表示をクリックすると良いようです。

お問い合わせはこちら…の案内に従って進むと、こちらの「サポート・お問い合わせ」ページへ。

初めに「該当するカテゴリを選択してください」と指示されるので、「アカウントアクセスと削除」「申し立て」「機能と設定」「ビジネスと広告」「クリエイターとクリエイティブツール」「個人データ」「ポリシー違反を報告する」という選択肢から、該当するものを指定しましょう。

その後、ユーザー情報やお問い合わせ内容等を入力し、メール形式で問い合わせは完了。

苦情・クレームといった直接的なワードは見当たりませんが、上記「サポート・お問い合わせ」ページのフォームが、Pinterestの総合的な問い合わせ窓口として機能している模様です。

ただ各種SNSに目を移すと「メールで問い合わせの連絡を入れたが、一向に返信がないまま放置されている」「日本語を選択しているのに、英語が表示される。困っているのに問い合わせすら、まともにできないなんて…」等、“問い合わせ機能が全く役に立たない”という趣旨の指摘が散見されましたね…。

ちなみにサクッと苦情・クレームを伝えることができるような、電話窓口の情報もないようです。

スポンサーリンク

Pinterestの報告機能について押さえよう!

そのような状況ながら、困りごとを報告するという意味では、Pinterestの報告機能は役に立つと考えます。

禁止事項に該当するピン等を見かけた場合、匿名でPinterestサイドに報告できる、Pinterestの報告機能。

報告内容について調査が行われ、問題がある場合には、何らかの対応が取られるそうです。

具体的な報告の手順は、以下のとおり。

〇ピンを報告する
①ピンをクリックし、拡大表示します
②ピンの上部にある「…」アイコンをクリックします
③「ピンを報告」をクリックします
④報告する理由を選択して、「次へ」をクリックします
⑤「完了」をクリックします

〇コメントを報告する
①ピンをクリックします
②コメントの横にある「…」アイコンをクリックします
③「報告」をクリックします
④報告する理由を選択して、「メッセージを報告する」をクリックします

〇メッセージを報告する
①吹き出しのアイコンをクリックしてメッセージを開きます
②メッセージスレッドをクリックします
③カーソルを「×」アイコンに合わせて、旗のアイコンをクリックします
④メッセージを報告する理由を選択します
⑤「メッセージを報告する」をクリックします

〇ピンの写真を報告する
①報告したい写真で「…」アイコンをクリックします
②「このコンテンツを報告」をクリック / タップします。
③報告する理由を選択します
④「このコンテンツを報告」をクリックします

※報告後もユーザーのアカウント・ボード・ピン・コメントを閲覧できます。また報告する以外にも、このボードやプロフィールのフォローをやめてコンテンツの表示回数を減らしたり、このユーザーをブロックすることができます。

以上、問い合わせ時の参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク