プロ野球(審判)への苦情クレーム電話番号を調査!問い合わせメールも可?

時として、勝負の行方に大きな影響を及ぼす、審判の判定。

プロ野球の世界でも、“誤審”が大騒動にまで発展するケース等がしばしば見受けられますが、審判に対する苦情・クレームがある場合、どこへ連絡を入れると良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

そもそも、審判の所属はどこ?

まず初めに、プロ野球の審判が所属している組織を明確にするため、とりあえず「一般社団法人日本野球機構(NPB)」の公式サイトへアクセスしてみました。

1936年に任意団体として創設されたNPBは、一貫して国内の野球水準の向上やスポーツの発展、国際親善への貢献を目的とした活動を行い、その歴史を積み重ねてきた団体。

その定款に目を移してみると、「事業」の項目に、「野球試合日程の編成および審判」「野球選手、監督および審判の養成」「野球選手、監督、審判および野球関係者の表彰、それらの者のための養老厚生事業ならびに職業紹介事業の実施」といった記述を確認することができますね。

どうやらプロ野球の審判は、NPBに所属しているとの理解で間違いないようです。

改めてNPBのサイト全体をチェックしたところ、「審判員・記録員」のページも発見。

2021年度現在こちらのページには、「審判員一覧」「2021年シーズンの記録達成候補者」「審判員通算出場記録」、また「記録員一覧」「2021年シーズンの記録達成候補者」「記録員通算出場記録」といったデータが掲載されています。

加えてNPB審判員によるジェスチャー解説動画や、野球の記録について(記録のつけ方)、記録員コラム、審判員・記録員に関連するニュースなど、興味深いトピックがズラリ。

プロ野球ファンであれば、審判員や記録員の方々についての理解を深める意味でも、一度目をとおしておくと良さそうですね。

スポンサーリンク

「NPBご意見箱」の概要をチェック!

前置きが長くなりましたが、NPB公式サイトの「ご意見箱」というページをチェックしてみると、以下のとおり、プロ野球への意見や要望を自由に送信できるメールフォームが設置されていました。

他に“苦情・クレーム”といった直接的なワードを冠する問い合わせ窓口は見当たりませんし、“ご意見”を受け付けているとの表現から、プロ野球全体(NPB)及び審判に対する苦情・クレームの連絡も、本フォームを通じて入れると良いのでしょう。

NPBご意見箱

プロ野球や日本野球機構(NPB)に関するファンのみなさまからご意見をお待ちしております。みなさまからいただきましたご意見は、今後の参考とさせていただきます。なお、返信はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

ご意見送信ページは、こちら

「プロ野球へのご意見ご要望をご自由にお書きください」として設置された空欄の他には、“性別/年齢/都道府県/メールアドレス/メールアドレス(再入力)/メールマガジンを希望しますか?”といった項目が。

個人情報保護方針を確認の上、必要最小限の情報を入力すれば、気軽に意見を送信できる印象です。

ただやはり、せっかく意見しても返信を得られないという点に関しては、少々不満が残りますね。

そこで同団体の代表電話等に連絡はできないのかと、採用情報より「会社概要」の内容をチェックしてみたのですが…。

〇会社概要
社名 一般社団法人日本野球機構
所在地 〒108-0014
東京都港区芝5-36-7 三田ベルジュビル11階
採用問合せメール saiyo@npb.or.jp 総務人事課 採用担当
設立 1936年
職員数 81名(2019年3月時点)
事業活動収入 2018年9月期 51億円
事業内容(主な事業内容)
プロ野球公式戦の開催実施支援(日程編成、審判員・記録員の派遣など)
プロ野球日本シリーズ、オールスターゲーム、ドラフト会議などの主催、運営
各種野球振興事業の推進、支援
侍ジャパン事業の推進、支援
公式記録管理システムの運用(記録データベース化、配信提供)
野球規則の制定および野球技術の研究等

ご覧のとおり、周知されているのは所在地等の情報のみ。

つまり基本的に、“NPBに意見する手段はメールのみで、リアクションはない”ということになりますね;

スポンサーリンク