ルイヴィトンの苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

フランスが誇るラグジュアリーブランド、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」

1854年、ルイ・ヴィトンが世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立したことに始まる同ブランドは、トラベルラゲージ・バッグ・アクセサリー、そしてウェアと、トータルで展開。

革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを最高級品質で提案することで、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した“旅の真髄(こころ)”という遺産を継承し続けているのですが、ルイ・ヴィトンに対する苦情・クレームがある場合、どのように連絡を入れると良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

「クライアントサービス」の概要をチェック!

(画像引用:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/stores/japan)

さてルイ・ヴィトンの問い合わせ情報をまとめた公式サイトの「クライアントサービス」に関するページにアクセスしてみると、「ご不明点は、店舗またはクライアントサービスまでお問合せください」とのアナウンスを添えて、下記の連絡先が紹介されていました。

ルイ・ヴィトン クライアントサービス

<お電話でのお問合せ・ご注文>
0120-00-1854 (03-3515-0855)
営業時間 10:00-20:00(年始を除き年中無休)

ルイ・ヴィトン クライアントサービスが苦情・クレーム連絡に対応しているという明確な案内は見当たりませんが、こちらが問い合わせ・注文をトータルに受け付ける総合的な窓口である点は間違いない模様。

他にそれらしき窓口も設置されていないことから、苦情・クレームに類する内容も、ルイ・ヴィトン クライアントサービスへ申し伝えれば良いのでしょう。

なお有難いことに、クライアントサービスに対してはメールで問い合わせの連絡を入れることも可能です。

Eメールでのお問合せ

アドバイザーがお客様のご質問やご相談にお答えします。
お問合せフォームは、こちら

-問い合わせに際しての留意事項-
お問合せの際は下記をご一読・ご了承いただいた上で、フォームに必要事項をご入力ください。
・システムの都合上、ご返答に数日かかる場合がございます。製品購入のご相談、オンライン・ショッピングご注文後の変更、システムトラブル等は、チャットまたはクライアントサービスへお電話ください。
・お客様からよくある質問を「FAQ」にてご紹介していますので、あわせてご確認ください。
・お問合せ内容によっては、メールにてご返答を差しあげることができない場合がございます。
・下記メールアドレス(PCメールのみ)にご返信しますので、お間違いのないようご注意ください。
※ドメインの指定受信などを設定されている場合は、@contact.louisvuitton.com からのメールの受信を許可してください。
・電話、公式サイトいずれのご注文においても、ご注文完了後は、お客様のご都合による該当オーダーの取り消しまたは変更は承りかねます。

加えてルイ・ヴィトンはSNSでの問い合わせにも対応しており、質問や相談を「LINE メッセージ」「iMessage」「FACEBOOK メッセージ」を通じても受け付けています。

ルイ・ヴィトンと言うと、とにかくお高いブランドというイメージを抱きがちながら、SNSでの連絡も可能というシステムは、問い合わせのハードルを下げてくれていると感じますね!

スポンサーリンク

ルイ・ヴィトン各ストアの情報も併せて押さえよう!

一方、世界中に広がるルイ・ヴィトン各ストアの情報は、こちらの「ストア検索」より得ることができます。

試しに「ルイ・ヴィトン 表参道店」の詳細ページへアクセスしたところ、「〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-5 0120-26-4115」という基本的なデータに加え、サービスのご案内や営業時間、店休日等についてもまとめられており、店舗へ足を運ぶ際には大変参考になりそうでした。

「事前来店予約、バーチャル・アポイントメント」の手続きも、こちらから進めることが可能。

以上、問い合わせ時の参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク